ヨーロッパ

スポンサーリンク
カタール

【統計】失業率の低い国TOP10(カタール、カンボジア、ニジェール他)

世界労働機関(ILO)が集計を発表している各国の失業率統計を元に、ランキング形式でまとめました。産油国や後発開発国、そして東南アジア諸国などの不思議な顔ぶれのランキングになっています。世界の失業率の平均が5.5%、日本の失業率が2.8%ですが、1%を下回る国が6カ国ありました。
ベラルーシ

ミンスクの地下鉄の乗り方ガイド!切符の種類、運賃、路線図、駅の様子

ベラルーシでは唯一の地下鉄であるミンスク地下鉄をご紹介します。 ベラルーシ国立図書館やベラルーシ国立美術館へは地下鉄の利用が便利であるものの、ボリショイ劇場には不便だったり、観光利用では微妙なところではありますが、年間28...
ベラルーシ

即日発行可!モスクワのベラルーシ大使館でのビザ申請から取得まで

2019年4月、モスクワのベラルーシ大使館でトランジットビザの申請を行いました。ベラルーシビザの発行手数料は無料で、午前申請・午後受領の即日発行が可能でした。モスクワのベラルーシ大使館の場所、必要書類、申請受け付け時間と受領時間などの情報をまとめます。
スポンサーリンク
ウクライナ

オデッサ-バトゥミ間のUKRフェリーのチケットのオンライン購入

ジョージアのバトゥミ、ウクライナのオデッサを運航する黒海横断フェリー「UKRフェリー」のチケットのオンライン購入方法をご紹介します。 すべて英語ですので海外のオンラインサイトなどに慣れている方は、直接サイトにアクセスしても問題なく購入...
ウクライナ

オデッサ発バトゥミ行きフェリーのチケット購入、行き方、受け取り方

ウクライナ南部オデッサからジョージア西部バトゥミまでの黒海を結ぶUKRフェリーのチケットの購入と受け取り方法を紹介しています。オンラインで購入しますが受け取りが必要で、タクシーやバスでアクセスします。乗船開始時間は前日に確認します。
シベリア

シベリア鉄道に乗る前に知っておくべき12のこと

2019年3月、シベリア鉄道でロシアを横断しました。横断と言いつつもイルクーツクからモスクワまでなので何だか中途半端ではありますが、事前に調べた情報とは異なることがいくつもありましたので、それらについてまとめます。 列車の中で何泊もし...
シベリア

貿易商シビリャコフの邸宅 イルクーツクで訪れるべき観光スポット

イルクーツクのホワイトハウスと呼ばれる貿易商シビリャコフの旧邸宅(Merchant Sibiryakov's Mansion)が、アレクサンドル3世の像のすぐ近くにあります。建築デザインはアレクサンドロフスキー宮殿の殿堂を手掛けたイタリアの...
ベラルーシ

ケネディ大統領を狙撃したオズワルド容疑者のミンスク時代のアパート

パレード中のケネディ大統領を狙撃したとして警察当局に拘束されたオズワルド容疑者が、ソ連亡命を試みたミンスク時代に住んでいたアパートは、ミンスクの隠れた観光地です。現在でもアパートとして現存しており特に観光地化されていません。珍しい観光スポットとして訪れる価値あり。
ロシア

ダイドー(DyDo)がモスクワで日の丸自販機を展開している

大阪の飲料メーカーであるダイドー(DyDo)が、モスクワで自動販売機事業を展開しています。 日本企業の海外進出は決して珍しくありませんが、その商品ラインナップに驚きました。ダイドーの自販機には日の丸が掲示され、おそらく「日本から来まし...
ロシア

モスクワシティ(モスクワ国際ビジネスセンター)の超高層ビル群が凄い

歴史と伝統を感じる建物が美しいモスクワの街で、ごくごく限られた地域に超高層ビルが建つエリアがあります。モスクワシティ(モスクワ国際ビジネスセンター)の超高層ビル群です。 中世のような世界のなかに突然現れる未来の世界観が、どう見てもCG...
ロシア

タワー2000(Башня 2000)モスクワシティの高層ビル群の玄関口

タワー2000は、モスクワ川の南岸(モスクワシティの対岸)にある34階建ての高層ビルです。 モスクワシティの超高層ビル群と比べると随分と見劣りする高さとデザインではありますが、モスクワ川に架かる歩道橋も持っていて、モスクワシティの玄関...
ロシア

キリル文字の看板シリーズ vol.3 РЕСТОРАН

モスクワの街角で見かけたキリル文字の看板を紹介する「キリル文字の看板を読もう」シリーズです。普通に英語読みをしてしまうと全く意味が分からない単語なのですが、キリル文字変換を丁寧にやってみるとお馴染みの単語が浮かび上がってくるというキリル文字の楽しさを感じる単語です。
シベリア

アレクサンドル3世の像(Александр III) イルクーツクで訪れるべき観光スポット

イルクーツクが現在の姿で存在するのは偉大なるロマノフ皇帝アレクサンドル3世の功績によるものです。シベリア鉄道の建設を推し進めたアレクサンドル3世のイルクーツクへの貢献度は高く、アンガラ川の湖畔にはアレクサンドル3世の立派な銅像が立っています。
シベリア

バブル像(бабр) イルクーツクで訪れるべき観光スポット

イルクーツクの観光スポットのひとつであるバブル(бабр)をご紹介します。バブル像は、イルクーツクの人たちに親しまれています。神話上の生き物で元々はシベリアンタイガーだったバブルが現在の姿になった歴史的経緯もご紹介します。
ロシア

キリル文字の看板シリーズ vol.2 стоп

モスクワの街角で見かけたキリル文字の看板を紹介する「キリル文字の看板を読もう」シリーズです。難読であるキリル文字の代表として頻繁に紹介されている看板ですが、直感的に読めるようになるには少し時間が必要です。最初と最後の文字がキーポイントです。
ロシア

サンクトペテルブルグのストロバヤ「Столовая №1」

サンクトペテルブル旅行で観光名所を巡りながら、お腹が空いたら激安の大衆食堂であるストロバヤ ナンバーワン(Столовая № 1)に立ち寄りましょう。サンクトペテルブル市内に11店舗があり、安くて美味しいロシア料理が楽しめます。地元の人たちで賑わう人気店なので安心です。
ロシア

モスクワ・バスマンニ地区のおすすめストロバヤ3選

モスクワの中でも観光で人気の高いバスマンニ地区で営業しているストロバヤ(大衆食堂/Столовая)を3軒ご紹介します。安くて美味しくて店員さんの応対が良いお店だけを厳選しました。物価の高いバスマンニ地区ですが、ストロバヤなら安心です。ロシア観光の参考にしてください。
ロシア

キリル文字の看板シリーズ vol.1 Банк

モスクワの街角で見かけたキリル文字の看板を紹介する「キリル文字の看板を読もう」シリーズです。写真の中央に映っている黄色い大きな文字を読んでみてください。4文字のうちの2つは英語のまま、そして1文字は見慣れない文字、さらに1文字は英語とは全く違う読み方をします。
ロシア

【現地レポ】経済制裁下でも活気が感じられるモスクワとロシア経済

2019年3月時点でのロシア経済とモスクワの街の様子をまとめます。モスクワの街には活気があり、街を行き交う人々はお洒落なファッションに身を包んでいます。日系企業からは人件費の高騰を危惧する声もありますが、モスクワの物価は高く、生活レベルを維持するには賃金上昇もやむを得ません。
ロシア

パベレトスキー駅前の地下道のマンホール(モスクワ/ロシア)

なんとなく世界のマンホールを紹介する「世界のマンホール」のコーナーです。 今回は、ロシアの首都モスクワにある地下道のマンホールをご紹介します。多くの人たちが行き交う地下道で、多くの人たちに踏みつけられたマンホールは角がとれたり、埃がた...
ヒルトン

ヒルトンモスクワ(レニングラードスカヤ)のエグゼクティブラウンジ

モスクワのヒルトンと言えば、やはりレニングラードスカヤです。スターリンが遺したセブンシスターズという高層建築群のひとつであり、歴史的な価値のある建物のエグゼクティブラウンジは、他のヒルトンとは違った落ち着きと優雅さがありました。タイムテーブルを含めご紹介します。
ロシア

ロシア4都市を比較!はじめてのロシアで行くべき都市は?

モスクワ、サンクトペテルブルグ、ノヴォシビルスク、イルクーツクの4都市を巡るシベリア鉄道の旅をしましたので、それぞれの都市ごとの特徴や観光ポイント、また物価などに関する情報をまとめました。あまりに広大な国ですので、同じ国でも都市ごとに別の国のようです。
ロシア

イルクーツクは街歩き観光が楽しい!定番ルートを巡る

イルクーツクの街は、観光客のための環境が整備されています。バスや路面電車、マルシュルートカなどの交通があるものの、教会や記念碑などが点在するイルクーツクでは、街を歩て回るのがオススメです。 小さな街だからこそできることなのかもしれませ...
ヒルトン

ヒルトンモスクワ(レニングラードスカヤ)のチェックイン

セブンシスターズのひとつであるホテルレニングラードは現在、ヒルトンモスクワとして利用されています。正式名称はヒルトンモスクワ・レニングラードスカヤで、モスクワの中央駅などに近い立地のヒルトンホテルです。レセプションからエントランスホールまでのチェックイン後の景色が素晴らしかったです。
シベリア

バイカル湖畔でオームリを食べる!持ち込み居酒屋アリババ(リストヴィヤンカ)

正直なところ、どういう営業形態のお店なのかが分からず仕舞いだったんですけど、バイカル湖畔(リストヴィヤンカ)にあるアリババというお店でバイカル湖に生息するシャケ科の魚オームリの薫製を食べました。 自由度の高い居酒屋という雰囲気のお店ア...
スポンサーリンク