ヒルトン

スポンサーリンク
ヒルトン

ヒルトンモスクワ(レニングラードスカヤ)のエグゼクティブラウンジ

モスクワのヒルトンと言えば、やはりレニングラードスカヤです。スターリンが遺したセブンシスターズという高層建築群のひとつであり、歴史的な価値のある建物のエグゼクティブラウンジは、他のヒルトンとは違った落ち着きと優雅さがありました。タイムテーブルを含めご紹介します。
ヒルトン

ヒルトンモスクワ(レニングラードスカヤ)のチェックイン

セブンシスターズのひとつであるホテルレニングラードは現在、ヒルトンモスクワとして利用されています。正式名称はヒルトンモスクワ・レニングラードスカヤで、モスクワの中央駅などに近い立地のヒルトンホテルです。レセプションからエントランスホールまでのチェックイン後の景色が素晴らしかったです。
ヒルトン

上海総会大楼(上海クラブ)- 外灘(バンド)の建物図鑑

上海総会(クラブ)とは、世界中から集まった商人たちの中でも上流階級のみが紹介制により入会を許された会員制クラブまたは社交場のことです。 この建物は現在、ヒルトングループの最上級ホテル『ウォルドルフ アストリア』のひとつとして使用されて...
ヒルトン

ネスプレッソマシンの使い方、ヒルトンの部屋にて

ヒルトンに導入されているネスプレッソマシンは、自分の部屋でいつでも美味しいコーヒーが飲めるので便利ですが、はじめて使ったときには苦戦しました。 なので、自分のメモ代わりに使い方とチェックポイントをまとめておきます。 ネスプレッソマシ...
ヒルトン

ヒルトン合肥のエグゼグティブラウンジ 24階の様子

中国の内陸部の合肥にあるヒルトン合肥に宿泊したレポートです。エグゼグティブラウンジの様子をお届けします。横に長いエグゼグティブラウンジには、廊下の左右にソファや椅子が並び、喫煙ルームも併設されています。イブニングカクテルの料理は豊富でしっかりと食事ができるレベルです。
ヒルトン

ヒルトン上海虹橋 キングヒルトン エグゼクティブ21606号室

上海の虹橋にあるヒルトン上海のキングヒルトンエグゼクティブルームに宿泊しましたので、レビューをさせていただきます。都心部にあるため窓からの景色は楽しめませんが、窓辺に設置されたバスタブや、ウォークインクローゼットなど高級感のある内装で満足度の高い滞在でした。
ヒルトン

ヒルトン合肥、雨のなかを合肥駅から徒歩でアクセス

初めて訪れる中国内陸部の大都市である合肥で、ヒルトン合肥に宿泊しました。大通りに沿って歩いて行くと大きなヒルトンの建物が見えてきました。あいにくの雨の中で到着したヒルトン合肥は昔ながらの高級ホテルと言った雰囲気でした。ホテルの外観やロビーの様子をご紹介します。
ヒルトン

ヒルトン合肥 ツインヒルトンエグゼクティブルーム 2515号室

ヒルトン合肥のツインヒルトンエグゼクティブルームに宿泊しました。かなり年季の入った高級ホテルといった印象の建物のイメージそのままに昔ながらの客室でした。ネスプレッソマシンが無いのが残念ですが、ベッドやバスルームなどは綺麗に清掃がされていて良かったです。
タイ

ミレニアムヒルトン(バンコク)エグゼクティブラウンジ31階 レビュー

チャオプラヤー川を望むエグゼクティブラウンジからの景色と、各時間帯における食べ物や飲み物をご紹介します。エグゼクティブラウンジのアクセス権が付いている部屋は、少し宿泊費が高いものの、この景色と食べ物と飲み物を楽しめば十分に満足できます。
タイ

ミレニアムヒルトン(バンコク) キングエグゼクティブルーム2721号室

バンコクのチャオプラヤー川沿いにあるミレニアムヒルトンのキングエグゼクティブルームの室内を紹介してます。2721号室は、27階の南側を向いている川からは離れた側の部屋です。ミレニアムヒルトンの部屋選びのためのポイントも紹介しています。
タイ

ミレニアムヒルトン(バンコク)のチェックインと周辺環境

ミレニアムヒルトンのチェックインは、ヒルトン会員(ヒルトンオナーズ)であれば専用の受け付けがあります。ヒルトン専用ボートからデッキを進み、ヒルトンオナーズ専用受付カウンターでチェックインをして、道路側の周辺環境を見てから、部屋へと向かいました。
タイ

サトーン船着き場からミレニアムヒルトン(バンコク)まで

チャオプラヤー川沿いに立つミレニアムヒルトンバンコクには、サトーン桟橋からヒルトン専用ボートに乗ってアクセスすることをおすすめします。ボートには住宅がなくスムーズにアクセスできるだけではなく、チャオプラヤー川からヒルトンの建物を眺めることができます。
ヒルトン

ヒルトングループ最上級ブランド!ウォルドーフ アストリアまとめ

世界106か国に5400軒以上のホテルを展開しているヒルトンは、14のホテルブランドを持っており、それらの最上級が「ウォルドーフ・アストリア」です。 昭和天皇からアラブの石油王に至るまで様々な顧客の宿泊を受け入れてきたウォルドーフ・ア...
スポンサーリンク