スポンサーリンク

ヒルトンモスクワ(レニングラードスカヤ)のエグゼクティブラウンジ

ヒルトン・レニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ ヒルトン
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

ロシアの独裁者スターリンが遺したスターリンゴシック様式の高層建築をそのままホテルとして使用しているモスクワのヒルトン・レニングラードスカヤは、エグゼクティブラウンジも雰囲気があってとても良いです。

歴史的な建築物のなかで寛げるというだけでも、このホテルに宿泊する価値があります。

シャンデリアのあるエグゼクティブラウンジ(6階)

ヒルトンモスクワレニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ

これまで世界各国のヒルトンに宿泊してきましたが、エグゼクティブラウンジにシャンデリアがあるのは初めてのような気がします。そして、シャンデリアの光に照らされた天井も美しい。

ソファやテーブルなどの調度品も、この雰囲気に合うものがセレクトされていて良い感じです。席数も多いので席の取り合いにもならずに、ゆったりと落ち着いて過ごせます。

エグゼクティブラウンジのタイムテーブル

ロシアのヒルトンのエグゼクティブラウンジは、基本的に朝から夜まで常に解放されていて、クッキーやヨーグルトなどはいつでもつまむことができます。1日のタイムテーブルは以下の通りです。

ラウンジ営業時間 午前7時~午後23時
朝食 午前7時~午前10時半
スイーツ&スナック 午前11時~夜23時
バー&軽食 午後18時~午後20時
コーヒー&ティーサービス 午前7時~午後23時

タイや中国のヒルトンでは、朝食とアフタヌーンティ、イブニングカクテル以外の時間帯のラウンジ利用は可能ですが、コーヒーなどはオーダー制なので多少の不便を感じます。その点、朝から夜まで常にラウンジが自由に使えるのは便利です。

ヒルトンモスクワレニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ軽食

紙コップも用意されているので、外出時にコーヒーを持って出かけたり、部屋での作業のさいに持ち帰ることも可能です。

エグゼクティブラウンジの朝食

ヒルトンモスクワレニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ朝食盛り付け

ヒルトン・レニングラードスカヤの朝食会場は魅力的ですが、あまりゴチャゴチャしているのが苦手なので、やはりエグゼクティブラウンジでの朝食サービスは助かります。塩漬けにされたサーモンと白身魚が、サラダやパンとの相性も良くて美味しかったです。

ヒルトンモスクワレニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ朝食

ヒルトンモスクワレニングラードスカヤのエグゼクティブラウンジ朝食パン

そうそう、パンは自分でカットできるタイプなので、自由に厚さを決められて良いのですが、メインの朝食会場だと大人数がワチャワチャと切ったりしていて、何となく衛生的にどうなのかなぁと不安になり食べれなくなります。(潔癖症問題)

なのでまぁ、エグゼクティブラウンジと言えども、まずはパンのコーナーに行って誰も手をつけていない真っ新な状態のパンをカットさせていただきました。

以上、ヒルトン・レニングラードスカヤ(モスクワ)のエグゼクティブラウンジの様子でした。