スポンサーリンク

ヒルトングループ最上級ブランド!ウォルドーフ アストリアまとめ

ヒルトン
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

世界106か国に5400軒以上のホテルを展開しているヒルトンは、14のホテルブランドを持っており、それらの最上級が「ウォルドーフ・アストリア」です。

昭和天皇からアラブの石油王に至るまで様々な顧客の宿泊を受け入れてきたウォルドーフ・アストリアに関する情報をまとめます。最も安い部屋であっても1泊3万円以上という超高級ホテルのことをあれこれ調べましたので、ご覧ください。

ウォルドーフ・アストリアとは

現在、ヒルトングループが「ウォルドーフ・アストリア」の名前を付けているホテルは、世界14カ国に29軒あります。最も多いのがアメリカの10軒で、中国の3軒が続きます。パリやバンコク、カイロなどの世界的な観光地のほか、珍しいところではイスラエルのエルサレムにも、ウォルドーフ・アストリアがあります。

起源は、ニューヨークの2つのホテル

毛皮商として財を成し、”ニューヨークの地主”と呼ばれるほどの不動産を所有したアスター家(アメリア初の億万長者)が建てた「ウォルドーフホテル」と「アストリアホテル」というニューヨークの2つのホテルが、ウォルドーフ・アストリアの起源です。

同じアスター家の身内ではあるものの不仲だったウィリアム(4代目当主)とジョンが、それぞれ「ウォルドーフ」と「アストリア」を隣同士で建設し、最終的に2つのホテルが合併してウォルドーフ・アストリアとなりました。ウィリアムが最初にホテルを建設した理由は「ジョンの家を日陰にするため」で、ジョンがホテルを建てた理由は「ウィリアムのホテルより高いホテルを建てるため」でした。このため、「アストリア」は「ウォルドルフ」よりも4階だけ高いです。

ヒルトングループによる買収

当初のウォルドーフ・アストリアは、現在のエンパイアステートビルがある場所にありましたが、1931年にパークアベニューへと移転し、アールデコ様式のホテルとして再び営業を再開しました。そして、1949年に、すでに大手ホテルチェーンとなっていたヒルトンの創業者であるコンラッド・ヒルトンによって、ウォルドーフ・アストリアは買収されました。

ウォルドルフ・アストリア・ニューヨーク

こうした経緯であるため、一般的には「ウォルドーフ・アストリア」と言えば、ニューヨークにあるホテルのことを指します。そして、ウォルドーフ・アストリアが世界のヒルトングループの最上級ブランドとして展開されるようになった歴史は意外と浅く、2005年からです。

世界のウォルドルフ アストリア

宿泊記録や訪問記録など、実際にウォルドルフ アストリアを訪れた際には記事を書いて、こちらに掲載します。

上海

上海のウォルドルフ アストリアは、外灘にある上海クラブとして利用されていた建物で、歴史と風格があります。

上海総会大楼(上海クラブ)- 外灘(バンド)の建物図鑑
上海総会(クラブ)とは、世界中から集まった商人たちの中でも上流階級のみが紹介制により入会を許された会員制クラブまたは社交場のことです。 この建物は現在、ヒルトングループの最上級ホテル『ウォルドルフ アストリア』のひとつとして使用されて...

コメント