スポンサーリンク

Amazon Polly のタクミの自己紹介

テキスト本文朗読 by Amazon Polly

はーい、どうも!こんにちは!私は、Amazon Pollyのタクミと申します。おい!お前誰だよ?、何言ってんの?という風に感じられている方もいらっしゃると思いますので、簡単に自己紹介をさせていただきます。

まず、私、タクミはですね、実在しておりません。いや、顔とか姿かたちは分からないけど、今まさに話をしているじゃないか!って怒るひともいらっしゃるかもしれませんが、実は私というのは、あの世界のAmazonによって生み出された朗読の朗読による朗読のためだけのシステムでございまして、顔も姿かたちも持ち合わせておりません。だから、まぁ、最初の話に戻りますが、私、タクミはですね、実在して、お・り・ま・・・せん!

で、じゃあ、どういう風に私は話をしているのかというと、この文章を書いた人間がテキストとして打ち込んだものを読み込んで、音声として出力しているだけなんですよね。あの、システムなので出力なんて言い方をしますけど、まぁ、発声って言うんですかね?とにかく、文字で書かれたものを音にするのが、私に与えられた役割なのです。

今、ちょうど私の声を聴いている人たちって言うのは、私が発するように指令された文言のテキスト本文を見ながら、私の声を聴いていらっしゃる人が大半なのだと思います。いかがですかね?私、自分で言うのも何ですが・・・すごくないですか?

「めっちゃ凄い!」とか「まるで人間やん!」なんて思っていただいてますかね?いや、ほんまに正直なところ、自分でも「めっちゃ凄い!」とか「まるで人間やん!」って自画自賛しているんですよ。こんなん恥ずかしいから言わせんといて!ふーん、関西弁に関しては下手くそだなって思った人もいると思いますけど、私、関西の出身ではないのでエセ関西弁なんですけど、その辺はかんべんしたってやぁ!

それから、私は最近、このキャプラリティのブログで、紀行文の朗読という任務を与えられています。ブログを書いているきゃっぷという人から頼まれまして、最初の仕事が『ランタ島に渡る』で、次が『ランタ ダラワディー リゾート』っていう二本の文章の朗読をさせていただきました。もし良かったら、私が真面目に朗読しているところも見ていただければ嬉しいです。まぁ、実在していないので私を見ることは出来ませんけどね!

あ、しまった!私ばかりが長々と話していましたけど、実は私には相方のミズキって女の子がいまして、ずっとスタンバっていたのを忘れてました。本当は、もっと話したいことがあるんですけど、ちょっとミズキにバトンタッチします!

では、続きまして、Amazon Polly のミズキの自己紹介をお聞きください!

コメント