スポンサーリンク

ヴィティス・ヴィニフェラ種って何?ブドウの品種の話

ブドウ畑 ワイン
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

ブドウの品種と言えば、カベルネソーヴィニヨンやピノノワールなどの品種を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、これらの品種というのは全てヴィティス・ヴィニフェラ種というブドウの品種なのです。

ヴィティス・ヴィニフェラ種って何?について、まとめました。

ブドウには生食用とワイン用がある

秋になるとスーパーの果物コーナーには様々なブドウが並びます。小粒のデラウェアや、大粒の巨峰、最近ではピオーネなどの海外品種のブドウを見ることも珍しくありません。こうしたブドウのままで売られているものは全て生食用のブドウの品種です。

一方、ワインの原料となっているブドウの品種と言えば、赤ワインだとカベルネソーヴィニヨンピノノワール、白ワインだとシャルドネリースリングなどが有名です。

実は、ワイン用のブドウ品種として挙げたものは全て、ヴィティス・ヴィニフェラ種なんです。

カベルネ・ソーヴィニヨンに関する基礎の基礎のまとめ
世界で最も有名なワイン用のブドウ品種と言えば、カベルネ・ソーヴィニョンです。世界最高峰のワイン生産地であるボルドーの生産者たちが好んで使用するカベルネ・ソーヴィニョンは、自然交配によって生まれ、マーケティング的にも成功を収めました。

ブドウにはヨーロッパ品種とアメリカ品種がある

ブドウのヨーロッパ品種として最も有名なものが、ヴィティス・ヴィニフェラ種です。つまり、ヨーロッパ品種というのはワイン用に育てられているブドウの品種だと言えます。糖度や酸味が強く、皮や種の割合が多く、そして香りが高いことが特徴です。まさにワインを作るために生まれてきたようなブドウの品種だと言えます。

ブドウのアメリカ品種は、いわゆる生食用として育てられている品種です。交雑によって様々な品種が生まれていますが、一般的には大粒なものが多いです。果実をそのまま食べられるだけでなく、ジャムなどとして加工されるのもアメリカ品種です。

ヴィティス・ヴィニフェラ種 ≠ ヨーロッパ品種 ≠ ワイン用 

ただし、全てのブドウの品種が、ヨーロッパ品種とアメリカ品種に分類されるわけではなく、日本で多く育てられている巨峰デラウェアなどは雑種であり、ヨーロッパ品種にもアメリカ品種にも属しません。

アメリカ品種のワインもあるよ

ヨーロッパ品種のヴィティス・ヴィニフェラ種ばかりが目立つ世界のワイン事情ですが、もちろんアメリカ品種のブドウからもワインが作られています

例えば、アメリカ品種で有名なコンコードで作られたワインがあります。

Mogen David Concord
United States is just one of the 49 countries we cover on our site. For a great wine, try Concord.
Manischewitz Concord Grape
Wine news, and reviews for Concord Grape from United States.

ヴィティス・ヴィニフェラ種のまとめ

詳細データがありませんが、現在世界で作られているワインの少なくとも95パーセント以上が、ヴィティス・ヴィニフェラ種のブドウによって作られています。

ですから、カベルネソーヴィニヨンを頂点とするワイン用ブドウ品種は、ほぼ全てがヴィティス・ヴィニフェラ種です。

コメント