スポンサーリンク

【上海の安宿】7デイズ イン 上海(アンティン)

中国
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

上海で極限まで安いホテルを探してみたところ、agodaで見つけたのが「セブン デイズ イン シャンハイ アンティン サブウェイ ブランチ」という名のホテルでして、実際に泊まってみたので感想などを書きます。

安いだけではなく、それなりにレビューの評価が低くて、ハプニングの期待が高まります。

都心からめっちゃ遠い

このホテルは、建物とか部屋とかサービスとか言う以前の問題として、とにかく上海の都心からめっちゃ遠いです。

ざっくりと言うと、上海と蘇州の間くらいに位置しています。でも、上海地下鉄が運行しているエリアなので上海と言えば上海です。

あと、都心から地下鉄に揺られて最寄り駅の「安亭」駅に到着しても、駅からホテルまでに2キロ弱の道のりがあります。舗装された綺麗な道路なので普通に歩けますけど、まぁまぁ遠いです。

そう言えばレビューにも「遠い」って書いてあったなぁ。でも、「都心から遠くて、駅からも遠い」って書いておいて欲しかった。

対応は決して悪くない

レビューでは「客対応が悪い」みたいなことが書かれていましたが、この点については「宿泊代金のわりには十分に良いだろ」と思います。

別に無愛想で不機嫌な対応をされるわけでとなく、ただ「外国人が来たら戸惑う」っていうだけです。さらにいうなら「それなりに激しめに戸惑う」だけです。

翻訳アプリでのコミュニケーションにも快く応じてくれるし、中国での接客としては結構良い方だと思います。(中国語で次々と質問されて困り果てることが多々ありますので)

ホテルの構造が何だか複雑


客室フロアのマップなんですけど、外観からは想像できないほどの部屋数です。そして、今回の滞在では350号室だったんですけど、何だか微妙に辿り着くのが大変でした。(スタートは右下です)


廊下がこんな感じで必要最低限の幅しかなくて、突き当たりが曲がれるのかどうか不安になる感じなのが、迷路っぽいです。


とはいえ、大人なのでちゃんと到着できました。もう二回目からは迷いません。これも決してレビューを下げる要素ではないです。

部屋ももちろん悪くない

大きめのスーツケースだと広げるのに少し工夫が必要かもしれませんが、部屋としては特に問題ありません。広さより清潔感を重視する私としては十分に満足です。


バスタオルがひとつひとつビニールの袋に入れられていて、間違いなくランドリーで洗濯されたものだという安心感があります。袋にはセブンイレブンっぽいホテルのロゴがプリントされています。

色んなものにロゴが入ってる


まぁまぁどうでも良い情報ですが、部屋にあるものにはセブンデイズインのロゴなどがプリントされていて、オリジナルグッズ感を出してました。(上の写真はバスタオルで、これは刺繍)


ドライヤーにもセブンデイズインのロゴです。これはシールかと思いましたが、ちゃんとプリントされていました。


そして、これが凄いと思ったんですけど、トイレの洗浄タンクにもセブンデイズインのロゴです。陶器のタンクにオリジナルのプリントをするのって本当にすごい。

ランドリーもあります(5元)


これ、チェックアウトしようと荷物をまとめてエレベーターを待っているときに気づいたんですけど、エレベーター脇にランドリールームがあり、洗濯機と乾燥機が設置されていました。


有料なんですけど5元で使えるので、結構便利ですね。

セブンデイズイン アンティン サブウェイ ブランチまとめ

このセブンデイズインは中国各地で展開している安ホテルチェーンで、上海にもアンティン以外に複数箇所でホテルを運営しています。

今回は値段だけを重視して、随分と郊外の支店での滞在になってしまいましたが、しっかりと場所を確認してから予約すれば、それなりにコスパの高い滞在になりそうです。

ホテル周辺情報

そして最後に、何気に充実しているセブンデイズイン アンティンの周辺の情報です。詳細は各記事にアクセスしてください。

観光スポット

安亭の永安塔!夜のライトアップが綺麗な観光スポット
安ホテルの近所にあったという理由だけで訪れた安亭の永安塔は、1800年の歴史を持つ美しい仏塔で、夜になると辺り一帯がライトアップされて、とても美しいです。中国らしい幻想的な景色を、上海郊外(地下鉄圏内)で楽しめる貴重なスポットなのかもしれません。
安亭の朝の生鮮市場の様子(上海郊外)
上海郊外の安亭で宿泊した安ホテルの近くには生鮮市場があり、朝になると多くの出店と来場客で賑わっていました。 肉の種類が豊富 頭の先から爪先までという表現が正しいのかどうか分かりませんが、お肉のコーナーには様々な肉の様々な部位が並...

食事・レストラン

黄燜鶏米飯(安亭)安ホテルのそば
この記事は、上海郊外の安亭(アンティン)で宿泊した安ホテルの周辺情報として書いています。(わざわざ地下鉄を乗り継いで訪問するほどの店ではないです) 生鮮市場に隣接した活気ある飯屋 安ホテルそのものが生鮮市場と同じ...
骨付き羊肉の辛い鍋で大満足!新湘縁 安亭店(上海)
3月上旬の上海はまだ寒く、何か温まる料理を探していたところ魅力的な看板を見つけて入店したのが、新湘縁 安亭店です。 大きな鍋を注文したので、鍋だけのレビューになりますが、新湘縁 安亭店をご紹介します。 冬季限定の鍋メニューの看板 ...

おまけ

なぜ中国のホテルには「外国人お断り」があるのか
agodaなどのホテル予約サイトで中国のホテルを検索していると、「地元在住者限定」などの表記によって、事実上の「外国人お断り」となっているホテルがいくつも存在します。 中国人だって外国人だって同じ客じゃないか!と思って多少は不快な気分...

 

コメント