スポンサーリンク

中国の列車予約にはTrip.comがおすすめ!ホテル割引も

中国の列車旅ならTrip.com WEBサービス関連
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

中国を列車で移動する際にフル活用したのが、Trip.com(トリップドットコム)です。

列車の乗車券をTrip.comで予約すると予約番号が発行されるので、中国の各駅のカウンターでこの番号とパスポートを提示するだけで簡単に乗車チケットを取得することができます。

アプリで目的地と時刻表をチェックして購入

Trip.comのトップページ

Trip.comのアプリのトップページです。航空券、ホテル、列車という3つの予約が可能ですが、私はほとんど飛行機には乗りませんし、ホテルはアゴダなので、基本的にTrip.comは列車予約専用アプリとして使っています。

上の3つのアイコンのうち、列車のアイコンをタップすると列車予約のための画面に移ります。

中国の列車の区間と日付を入力

Trip.comの列車検索

Trip.comでは中国以外にも、韓国やイギリス、ドイツ、台湾の列車予約も可能なんですが、私は中国以外で使ったことがないので使い勝手が分かりません。ただ、とにかく中国での列車予約にはTrip.comが便利でした。

乗車区間(出発地と目的地)、乗車予定日の日付を入力します。

時刻表から希望の車両を選ぶ

Trip.comの列車検索結果

中国の鉄道網は素晴らしく、今でも人々の移動の主たる手段として利用されていますので、かなり頻繁に列車が発着しています。高速鉄道ですと金額は高いものの早く移動できますし、節約したければローカル路線での移動がお得です。また、各車両には座席のクラスがあります。

座席クラスを選択する

Trip.comの列車クラス選択

希望の車両をタップすると座席の一覧が出てきます。値段が高くて快適な座席ほど席数が少ないため、早期に売り切れてしまいます。

で、こんな車両と座席クラスを選ぶという作業を、中国の駅の窓口で係員の操作する画面を覗き込みながらやるのは相当に疲れます。この時間ならこの車両でどの座席クラスが空いていて値段はいくらで・・・・というのを1度でもやってみると、Trip.comのありがたみが分かります。

Trip.comの予約番号を使って乗車券を受け取り

上海駅のチケットカウンター

Trip.comで予約した列車の乗車券は、国鉄駅の「售票处」という場所で受け取ります。「售票处」というのはチケット受け取りカウンターのことです。駅によっては「自助售票处」というのがありますが、これは発券機を使ってチケットを受け取る場所ですので、「自助」ではない「售票处」に行きます。

発券機があるにも関わらず窓口を訪れている人たちばかりが「售票处」に来ますので、それなりに窓口での作業は長くなります。余裕をもって駅に向かいましょう。

Trip.comの予約番号を見せる

Trip.comの予約番号

Trip.comで中国の列車を予約すると、このような予約番号がアプリに表示されます。これは実際に私が「合肥南駅から北京南駅まで」の移動のために、Trip.comで予約した際の予約番号です。

予約番号はアプリ内に保存されていて何度でも表示させることが可能ですが、できればスクリーンショットを取ってアルバムなどに保存して置いた方がスムーズだと思います。

「售票处」の窓口で、この予約番号パスポートを提示すれば、すぐに乗車券が発券されます。

中国の列車の乗車券をゲット!

中国の列車の乗車券

こうしてTrip.comを使って無事に中国の列車の乗車券をゲットできました。写真は中国国鉄の最低ランクの座席である硬座で「上海駅から合肥駅まで」乗った時のチケットです。

列車の乗車券購入者向けの限定ホテル割引

あと、中国の列車の乗車券をTrip.comで予約して良かったと思ったのが、目的地の周辺のホテルなどを対象として、乗車券の購入者限定の割引価格が適用されることです。

基本的には、ホテル予約はアゴダにまとめる派ですが、せっかくなのでTrip.comの割引で予約してみたところ、圧倒的にアゴダよりも安い金額でした。

ってことで、中国の列車旅にはおすすめのTrip.comのご紹介でした。