スポンサーリンク

新鑑真号のレストランの食事まとめ

新鑑真号のレストランの営業時間 中国

新鑑真号のBデッキにあるレストランの朝食・昼食・夕食の様子をお届けします。

豪華なクルーズ船とは違って、船内でのエンターテイメントが少ないフェリーでは、食事というのは数少ない楽しみのひとつなので、じっくりと堪能させていただきました。出航2日目なんて、ほぼ日本海上なので周りには一切の島などがなく、ただただ大海原の航海ですので。

新鑑真号の「朝食」

新鑑真号の乗客は全員、朝食を無料で食べることが出来ます。アラカルトなど有料のメニューはありません。そして、時間になるとアナウンスがあるため、それなりの行列が出来ます。朝食は、朝8時から9時までです。

オレンジ色のトレーを1人ひとつずつ持って、学食や社食のように食堂に並びます。

付け合わせ

まず最初にお粥を受けとります。普通の白米は無く、強制的にお粥です。

続いては、ザーサイや漬け物のコーナーです。どんな味なのか想像できないものも混ざっていますが、どれかひとつを選びます。

朝食のメインプレート

続いてメインのプレートで、こちらはA(中華風)とB(洋式)から選びます。

中華風は、肉まんと揚げパンとゆで卵と甘いパンです。

 洋式は、食パンと目玉焼きとベーコンです。

飲み物

飲み物も選択式です。ホットコーヒーとオレンジジュースから選べます。

オレンジジュースはミニッツメイドです。何気に良いものを使ってます。

ホットコーヒーは、ネスカフェのインスタントコーヒーです。

オーシャンビューで朝食を

ということで今回は、メインプレートをAの中国式のものを選びました。あれだけ行列している状態でも、十分に窓際の席に座れますので、新鑑真号の旅はとても快適です。

新鑑真号の肉まん

中国の肉まんって甘めの味付けのものが多い印象だったのですが、これは肉の味をしっかりと感じられるような控えめな調理で、とても美味しくいただけました。

お粥とザーサイはおかわり自由

新鑑真号の朝食おかわり

レストランのお盆などを返却する場所の近くに、このようにお粥とザーサイが無造作に置かれていて、自由におかわりが出来ます。もうこの2つだけあれば無限に食事が出来るんじゃないかって程度には美味しいです。

新鑑真号の「昼食」

新鑑真号の昼食

12時半から13時半まではレストランは昼食営業をします。船内にアナウンスが流れますが、無料である朝食ほど来客は多くありません。きっとカップヌードルなどで昼食を済ます人が多いのだろうと思います。

昼食は、8種類の定食メニューのみで、アラカルトの注文はできません。では、全メニューをご紹介します。

牛丼定食(800円)

牛肉焼き定食

吉野家の牛丼よりは肉が固いものの味わい深くて、玉ねぎなどが多めの牛丼に加えて、サラダや冷奴、みそ汁、漬物が付いたセットです。かなりの”つゆだく”で、最後まで美味しくいただけました。

豚カツ定食(800円)

豚カツ定食は、実際に食べていませんのでメニュー写真のみの掲載です。

天ぷらの盛り合わせ定食(1000円)

天ぷらの盛り合わせ定食は、実際に食べていませんのでメニュー写真のみの掲載です。

カレーライス定食(800円)

カレーライス定食は、実際に食べていませんのでメニュー写真のみの掲載です。

チャーシュー味噌ラーメン定食(800円)

チャーシュー味噌ラーメン定食は、実際に食べていませんのでメニュー写真のみの掲載です。

茄子の甘辛炒め定食(550円)

茄子の甘辛炒め定食

茄子の甘辛炒めに白米とみそ汁、漬物がついてくる定食です。茄子の味付けが中華風で、しっかりと濃い味なのが良かったです。安いしおすすめ。

マーボー豆腐定食(550円)

マーボー豆腐定食

さきほどの茄子の甘辛炒めと同じ価格で、甲乙つけがたい美味しさなのが、このマーボー豆腐定食です。ちゃんと中国人コックが作っているのであろうピリ辛の味付けが良いです。このタレだけで、ご飯がもう一杯いけますね。

ナズナと豚肉のワンタン(500円)

ナズナと豚肉のワンタン

これだけが唯一の単品メニューなんですが、「上海名物」だとメニューには記載されていました。これから上海に行くわけですが、まぁ美味しかったですね。ゆっくりとひとつひつとを味わいたいワンタンです。

新鑑真号の「夕食」

新鑑真号でビール

18時になるとアナウンスが流れ、レストランは夕食の営業を開始します。夕食は18時から19時半までと、やはりさほど長い時間の営業ではありませんので、アナウンスや時計などをしっかりチェックしておきましょう。

夕食は、全てアラカルトでの営業です。

五香牛肉(500円)

新鑑真号の肉の詰め物

完全に酒の肴ですが、牛肉の詰め物です。八角がきいていて中国だなぁっていう感じの味が、ビールにもワインにも良く合います。ところどころにゼラチン質な部位があって、これが濃厚で美味しいです。

四川風細切り肉の炒め物(450円)

四川風細切り肉の炒め物

細切りされたネギとキノコと豆腐と豚肉を炒めたシンプルな料理ですが、なかなか良いお味でした。

ニンニクの芽の回鍋肉(500円)

ニンニクの芽の回鍋肉

これは、中華料理らしい豚肉料理です。豚のバラ肉とニンニクの芽の相性が良くて、ずっと食べていられる料理ですね。

この他にも、エビフライだとかハンバーグだとか日本の洋食メニューあり、枝豆や刺身などの居酒屋メニューあり、船内とは思えない充実のメニューでした。

コメント