スポンサーリンク

南京路(上海)のマンホール、1910デザイン

南京路のマンホール 1910 上海
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

世界のマンホールをコレクションしていくシリーズです。

上海の南京路には、上海の歴史にちなんだデザインのマンホールが数種類あります。今回は1910年デザインのマンホールをご紹介します。

1910年は徐家匯聖イグナチオ大聖堂デザイン

1910年のマンホールは、2つの塔を持つキリスト教の教会であることが分かります。これは徐家匯聖イグナチオ大聖堂というカトリックの教会で、1910年9月に落成しました。2500人もの礼拝者を一度に収容できるという当時のアジア最大の聖堂でした。

徐家匯聖イグナチオ大聖堂の場所などの詳細は、Googleマップをご確認ください。