スポンサーリンク

新鑑真号(関西 – 上海)の各デッキの施設まとめ

新鑑真号のフロアマップ 中国

関西(大阪or神戸)と上海を週一で往復して運航している新鑑真号の各デッキ(各階)の施設についてまとめます。

新鑑真号では乗客のためとフロアとして、Cデッキ(3階)、Bデッキ(4階)、Aデッキ(5階)が解放されていますので、それぞれのデッキごとの施設を紹介します。

Cデッキ(3階)

フロントカウンターを始め、機能充実のCデッキ

乗船後、最初に乗り込むのがCデッキです。乗客の受け付けなどを行うフロントカウンターの他、麻雀ルームや卓球台、パソコン室やマッサージマシン、喫煙所などがあります。

また、Cデッキからは甲板に出ることができます。

フロントカウンター

最終的な乗船業務(部屋の割り当て)は、フロントカウンターで行われます。乗船したらまずはカウンターに向かいます。

航海中は何かとお世話になりました。

朝7時半から夜22時までの時間帯、カウンターにはスタッフの方が常駐しています。ここには、日本語が話せるスタッフが多いです。

レストランが閉まった後、無性に食べたくなるカップヌードル

カップヌードルは自販機でも販売されていますが、フロントカウンターでも販売しています。ひとつ220円です。

入国カードは事前に書いておきましょう。

新鑑真号の案内パンフレット、中国と日本の出入国カードなどもカウンター脇のラックに並んでいます。

麻雀ルーム

昼間の船内に響き渡る牌を混ぜる音。

雀卓が2台、狭い室内に設置されています。中国人のグループが麻雀をしているところを何度か見ました。船内の数少ないエンタメのひとつです。1時間200円。

パソコン室

この見た目でインターネットが使えないなんて・・・

昔ながらのインターネットカフェのようなスタイルですがインターネットは使えません。DVD観賞のためのパソコン、1時間50円だそうです。フロントカウンターでDVDがレンタルできます。

ちなみに「今日のDVD」は以下のようなものでした。たぶん中国語のみですね。

漢字を見ても内容が想像できない「今日のDVD」

あと船内のインターネットなんですが、Wechatとネット接続アプリが必要であるため「日本人の方は使用できません」とのことでした。

マッサージマシン

Wechat決済のみで使用が可能なマッサージチェア

インターネット室のパソコンとは反対側には、高級店マッサージチェアがずらりと並んでいますが、こちらも使っている人を一度も目撃しませんでした。使用時はWechatかALIPAYでの決済なんですが、ネットが繋がらないので使用できず。

卓球台

揺れを利用したスーパープレイも飛び出す卓球台

フロントカウンターで、ラケットとボールを貸し出ししています。たまに遊んでいるグループがいましたが、揺れる船内の卓球は難易度が高いようです。

ランドリー(洗濯機と乾燥機)

各デッキにトイレや洗面台、シャワールームがありますが、Cデッキの洗面台の部屋(フロントと反対側の廊下)には洗濯機と乾燥機があります。

乾燥機が微妙に全く乾かないランドリー

洗濯機には洗剤もあり、なんと無料で洗濯し放題です。

給湯器

フロントの裏側に位置する廊下にある洗面台の部屋には、給湯器があります。

かなり利用者が多い給湯器

こちらも無料で利用でき、カップヌードルを作ったり、水筒に入れるなどの用途に使用します。

喫煙所

カーテンで仕切られただけの簡易的な喫煙スペース

喫煙所もCデッキにあります。フロントカウンターのあるエントランスフロアの一角がカーテンで仕切られており、ここが船内唯一の喫煙所です。

船舶電話(公衆電話)

船内から日本各地、中国各地へと連絡できる船舶電話

日本全国に電話をかけることができるそうです。また、上海から3時間圏内では中国全土への電話が出来ます。

ちなみに日本から航行中の船に電話をかける場合には、電話番号090-3022-0910だそうです。

コインロッカー

貴重品の管理には便利なロッカールーム

貴重品など小さなものを保管するのに便利なコインロッカーは、1回100円です。フロントカウンターからも目視で確認できる位置にあるので、安全そうです。

 

カラオケ ダンシングルーム

夜だけの営業だけど結構賑わうカラオケルーム

夜になると船内にはカラオケの歌声が響き渡ります。カラオケ・ダンシングルームは扉を開けたままの状態で営業しています。

夜 19時半から22時

カラオケ・ダンシングルームの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

カラオケルームを制する者が、新鑑真号を制す!
新鑑真号にはカラオケ・ダンシングルームという部屋があります。夜になると営業を開始して船内に歌声を響かせています。ちょっと立ち寄りにくい場所ではありますが、実は中国人客との交流には絶好の場所です。日本語の曲を歌ってくれるサービス精神旺盛な中国人も多い。

自販機コーナー

左から両替機、タバコ、ビール、ソフトドリンク

喫煙所の近く、フロントカウンターの隣には自動販売機が並んでいます。ソフトドリンクやビールに加え、タバコの自販機もあります。タスポ不要で購入可能です。あと、日本円の札を小銭に両替するための両替機もあります。

Bデッキ(4階)

航海中のほとんどの時間を過ごすBデッキ

航行中の乗客は主に、このBデッキで過ごします。レストランやカフェ、免税店がある他、ソファやテーブルのスペースがあります。

レストラン

決して満席になることの無い快適なレストラン

朝、昼、夜の3回の営業で、朝食については全ての乗客が無料で食べることが出来ます。また、営業時間外であっても大半の時間でテーブルは解放されており、自由にくつろぐことができます。

朝食 8時から9時
昼食 12時から13時半
夕食 18時から19時半

各時間ごとのメニュー等は、以下の記事をご確認ください。

新鑑真号のレストランの食事まとめ
新鑑真号の船内レストランのメニューを可能な限り全力でまとめて紹介いたします。朝食、昼食、夕食のそれぞれで内容が全く違いますので、それぞれの特徴が分かるように解説しています。全部のメニューを食べることが不可能なほどの充実ぶりに驚きます。

カフェ・ラウンジ

船首側に大きな窓があるカフェラウンジ

船首に面した眺めの良いラウンジです。船の進行方向の正面を見ながら、コーヒーやビールなどが楽しめます。

午前 9時から11時
午後 14時から16時

カフェ・ラウンジの各メニューの金額などは、以下の記事をご覧ください。

免税店

新鑑真号の免税店

営業時間が短く、品揃えも微妙な免税店

店舗面積のわりには取り扱い商品が少なすぎてスカスカなんですが、免税店もあります。タバコやソフトドリンク、酒類、お菓子、アイスクリーム、生理用品など、なんとなく船内で必要そうなものは揃っています。

午前 9時から11時
午後 14時から16時

ソファー席

足を伸ばしてゆったり座れるソファー席

海に背を向ける形になりますが、ソファー席があります。なぜかあまり人気がなくてテレビが一人占めできます。船内のテレビではNHKのワールド版が見れます。

テーブル席

新鑑真号のテーブル席

海を見ながら談笑している人が多数のテーブル席

こちらの方が人気のあるテーブル席です。航行中は深夜を除いて誰かしらが座っていた気がします。とはいえ、決して混み合っているわけでもなく、だいたい空席があります。

雑誌・新聞コーナー

ちゃんと探すと日本語の新聞や書籍もあります。

テーブル席のすぐ横には新聞や雑誌などが並べられています。基本的には中国語のものばかりですが、産経新聞もありました。ただし当然ながら出航当日のもので、翌日以降に新しいものが届くことはありません。

自販機コーナー

Cデッキとは別の顔ぶれが楽しめるBデッキの自販機コーナー

Cデッキと同じくBデッキにも自動販売機のコーナーがあります。ただし、タバコの自販機は無く、代わりにカップヌードルの自販機があります。やはり品切が多いです。

Aデッキ(5階)

最上級客室のフロアはAデッキ

Aデッキは基本的に、貴賓室などの上級客室があるだけのフロアで、その他の施設はありません。吹き抜けから下を覗くことができることと、船外の甲板に出られること以外には、することがありません。

吹き抜け

中国の情緒あふれる雰囲気の吹き抜け

Cデッキ(3階)からBデッキ(4階)は中央に階段があり、BデッキからAデッキ(5階)は吹き抜けの外周に沿うように2本の階段がある変則的な形状です。

ちなみに、Aデッキの外の甲板は、船首の近くまで行くことが出来ます。進行方向の正面が見られますので、撮影スポットとしてはおすすめです。

各デッキ共通

各デッキ共通の設備については、こちらに記事のリンクを貼り付けます。

室内(二等洋室)

新鑑真号の室内(二等室・洋室)設備をまとめて紹介します
新鑑真号で最安値となる二等室のうち、洋室タイプの部屋で上海へと向かいました。室内にはベッドが8台あり、それぞれのベッドにはハンガー、ライト、網棚、サンダルがあります。また室内には1台のテレビがあり、窓からは海を見ることができます。

トイレ

新鑑真号のトイレ(厠所)
新鑑真号のトイレをご紹介いたします。 トイレというのは文化の程度を見るための重要な指標のひとつだと思うので、旅行中はあちこちの街でトイレのチェックをしていきます。ただのトイレ写真の記事なので、食事中の閲覧は自己責任でお願いします。 ...

シャワールーム

新鑑真号のシャワールーム(淋浴)
新鑑真号のシャワールームをご紹介します。航行中の船内で快適なシャワーが浴びられるのは嬉しいことです。シャワーの勢いは良く、海外のホテルにありがちな弱弱しいシャワーではありません。また、シャンプーとボディーソープが備え付けられています。

コメント