スポンサーリンク

ミレニアムヒルトン(バンコク) キングエグゼクティブルーム2721号室

ミレニアムヒルトン2721号室 タイ
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

今回の滞在は、ミレニアムヒルトン(バンコク)の2721号室、キングエグゼクティブルームでした。ラウンジのある最上階が31階ですので、それなりに高層階です。ヒルトンですので、そこまで室内のインテリアなどには期待できませんが、ざっとご紹介します。

27階は施設の無い部屋のみのフロア

ミレニアムヒルトン27階

フロントのある1階から真っすぐにエレベーターで27階に上がってきました。エグゼクティブルームのあるフロアでは、様々な施設と同階であることがありますが、このミレニアムヒルトンの27階は部屋だけです。廊下には、エレベーターホールに腰を下ろせるロングチェアがあるのみです。

部屋の扉が微妙に重い2721号室

ミレニアムヒルトン27階

最初は気のせいかとも思ったのですが、部屋の扉が微妙に重かった2721号室です。適度に採光があって、気持の良い部屋でした。なんというか、この自宅の延長線上のようなシンプルな内装なのが、ヒルトンの良いところですね。ゴテゴテした古めかしいホテルも好きですけど。

シンプルな内装と、ビルディングビュー

ミレニアムヒルトンのキングエグゼクティブ

ベッド周りは、こんな感じです。ベッドがあって、ソファがあって、デスクがあれば、何も文句はありません。何だかだだっ広い部屋が好きな人がいますけど、個人的にはこれくらいのコンパクトな部屋が丁度良いです。モノを取るために何歩も歩きたくないです。

そんなことより、ちょっと気になるのが窓の外ですね。見事なビルディングビュー、高層ビルの壁面が目の前に広がります。まぁ、実際には壁までの距離があるので、圧迫感はありません。

窓に近づけばチャオプラヤー川が見える

ミレニアムヒルトン2721号室のビュー

ミレニアムヒルトンは、全室リバービューというのがひとつのウリです。この2721号室からも窓に近づけば、しっかりとチャオプラヤー川が見渡せます。さきほどから正面に見えている建物というのは2018年に開業したアイコンサイアムというショッピングモールの住居棟とオフィス棟でして、川から遠い部屋では景観が少し悪くなっています。

テレビ周りはスッキリしていて広々

ミレニアムヒルトンのテレビ周り

ホテルの部屋にテレビがあっても、ほぼ見ることがないので、あまり存在感のありすぎるテレビがあるのは好きじゃないです。ですから、こういうスッキリとしたテレビ周りは好きですね。あと、カプセルを入れるタイプのエスプレッソマシンは、なかなか良い味のコーヒーを飲むことができました。

ジャグジー式バスタブ&シャワールーム

ミレニアムヒルトンのテレビ周り

バスタブとシャワールームが独立しているのは、使い勝手が良いです。バスタブを使ってシャワーを浴びるタイプだと床がびちゃびちゃになってしまいます。シャワールームの隣がトイレですので、びちゃびちゃな床を経由してトイレに行く感じが嫌な気分になりますよね。ここのバスルームは、個人的にベストです。

ミレニアムヒルトンの洗面台

ついでに洗面台は、こんな感じです。まぁ、相変わらずのシンプルさなので特に触れるところはないのですが、部屋を経由して太陽の光が感じられるのは閉塞感がなくて良いです。

ミレニアムヒルトンのエグゼクティブルームまとめ

ホテルに滞在しても部屋にいる時間が極めて短いので、これくらいのコンパクトかつシンプルな部屋が良いです。

あと、部屋を指定する時のポイントとしては、

  • できるだけ川に近い方の部屋を選ぶ
  • できれば北側(王宮側)の部屋を選ぶ
  • できれば高層階を選ぶ

こんな感じです。

コメント