スポンサーリンク

【統計】失業率の低い国TOP10(カタール、カンボジア、ニジェール他)

失業率が低い国ランキング カタール

ILO(国際労働機関)が発表している失業率データに基づいて、失業率の低い国のランキングを作成しました。当然のことながら、失業率は低ければ低いほど良いです。

今回使用した2017年統計によると、世界の失業率の平均は5.5%、また日本は2.8%で世界第32位でした。国によって集計方法に違いがあるなど問題点を含んでいるデータだという指摘はありますので、あくまで参考程度にご覧ください。

失業率の低い国TOP10の推移グラフ

失業率の低い国々の推移グラフ

ミャンマーとバーレーンに関しては常に安定して失業率が低いですが、その他の国々については一時的に失業率が跳ね上がったり、以前は高かった失業率を少しずつ下げてきていたり、各国ごとに様々な事情を経て現在の低い失業率を達成しているようです。

失業率の低い国ランキングTOP10

では、世界平均よりも圧倒的に低い失業率を実現している国を、世界第一位から順番に見て行きましょう。TOP10のうち半分くらいの国には行ったことがあるので、現地で感じたことなども込みでコメントを入れていきます。

第1位 カタール 失業率0.1%

石油と天然ガスの産出国である中東のカタールが、世界で最も失業率が低い国です。カタールは、一人当たりGDPが世界5位、GNIでは世界2位という裕福な国です。

カタール
カタールに関する情報をまとめています。

第2位 カンボジア 失業率 0.2%

個人的には意外でしたが、アンコールワットで有名な東南アジアのカンボジアが世界第2位です。ポルポト派による大虐殺という悲劇の結果ですが、カンボジアの平均年齢は25.6歳と異常に若い国です。

カンボジア
「カンボジア」の記事一覧です。

第3位 ニジェール 失業率 0.4%

LCDs(後発開発国)に属しており世界最貧国のひとつに入るニジェールですが、国民の多くに職業が行き渡っており、失業率は0.4%で第3位の低さです。第1次産業の従事人口が50%を超えるため、どの程度のレベルでの仕事であるのかという統計的な問題はありそうです。

ニジェール
「ニジェール」の記事一覧です。

第4位 ベラルーシ 失業率 0.5%

ヨーロッパ最後の独裁者と呼ばれるルカシェンコ大統領が率いるベラルーシが、失業率0.5%で世界第4位です。経済的には事実上はロシアに牛耳られているという見方がされていますが、これだけ低い失業率を達成できているのですから凄いです。たしかに首都ミンスクでは物乞いを見かけませんでした。

ベラルーシ
「ベラルーシ」の記事一覧です。

第5位 ラオス 失業率 0.7%

世界に48カ国ある”海のない国(内陸国)”のうちのひとつであるラオスが、失業率0.7%で第5位です。第3位のニジェールと同じくLCDs(後発開発国)に属し、農業従事者が国民の約8割という驚異的な数字の国です。

ラオス
「ラオス」の記事一覧です。

第6位 ミャンマー 失業率 0.8%

2010年に長らく続いた軍事政権による鎖国状態から開かれたばかりのミャンマーが、世界第6位の失業率0.8%です。ミャンマーも同じくLCDs(後発開発国)ですが、国土のどこを掘っても資源や宝石などが出てくる資源国でもあります。

ミャンマー
「ミャンマー」の記事一覧です。

第7位 トンガ 失業率 1.1%

南太平洋に浮かぶ島々からなるカボチャで有名な島国トンガが、失業率1.1%で世界第7位です。日本の商社が生産に適していると目を付けたことから始まったカボチャ生産ですが、あまりにもヒットしすぎてトンガ経済を左右するような大きな産業になってしまった国です。

トンガ
「トンガ」の記事一覧です。

第7位 タイ 失業率 1.1%

トンガと同率で第7位なのが、コメの生産量でベトナムやインドに抜かれた農業国タイです。失業率は1.1%ですが、本当に仕事をしているのかどうか怪しい人々がめっちゃいる国です。ただし、農業と観光という柱がありますので、その気になればどこでも仕事が見つかるという良さがあります。

タイ
「タイ」の記事一覧です。

第9位 バーレーン 失業率 1.2%

ペルシャ湾に浮かぶ島国であり産油国であるバーレーンが、世界第9位の失業率1.2%です。一時期は「あと20年で石油が枯渇する」と騒がれていた国ですが、新たな石油の埋蔵場所が発見されています。

バーレーン
「バーレーン」の記事一覧です。

第10位 ルワンダ 失業率 1.3%

アフリカ大陸の中央部に位置する内陸国であるルワンダが、世界第10位の失業率1.3%です。アフリカの奇跡とさえ評される投資ブームによって急激な経済発展が続いている国で、2012年まで緩やかに上昇を続けていた失業率が一気に低くなっています。

ルワンダ
「ルワンダ」の記事一覧です。

失業率の低い国ランキングまとめ

産油国とLCDs、そして東南アジア諸国という事情の異なる顔ぶれが並ぶランキングになりました。

農業従事者人口の高い国々に関しては、季節労働者のカウント方法などの問題がありそうですが、それでも失業率が1%を下回っている国が世界に6カ国しかないというのは驚きでした。