スポンサーリンク

ミレニアムヒルトン(バンコク)のチェックインと周辺環境

ヒルトンオナーズ専用受付 タイ
ヒルトンオナーズ専用受付
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

バンコクのチャオプラヤー川沿いに建つミレニアムヒルトンのチェックインの流れと、道路側の周辺環境についてご紹介します。フロントの吹き抜けが美しい建物なので、その辺にも注目です。

ヒルトン船着き場からフロントへ

ヒルトン船着き場から専用ボートで到着したら、フロントへと向かいます。この区間はボーイがいるわけでもないので、荷物が多い場合には少し不便に感じるかもしれません。雨の日には、この通路にも雨が降りこむかも。

ヒルトン船着き場からデッキを進む

ヒルトン専用桟橋からデッキを歩く

ヒルトン専用船着き場からデッキを歩く

右手にはヒルトンのメインの建物、左手にはバーやスパなどがあるデッキを真っすぐに進みます。この区間には、ホテルのスタッフなどはいませんので、特別なケアはありません。

大きな樹(名前は知らない)

ミレニアムヒルトンの菩提樹

ミレニアムヒルトンの菩提樹

デッキを進むと左手には大きな樹が見えてきます。祠があってホテルのスタッフの方々が手入れを行っていたので菩提樹かと思いましたが違います。幹の形状から、いわゆる”絞め殺しの木”なのでイチジク属の何かだと思います。デッキから階段を下りて、樹のスグそばまで行くことが出来ます。

ミレニアムヒルトンのフロント

デッキを抜けると右折してミレニアムヒルトンの建物に入ります。建物に入ってスグのところがフロントです。

贅沢な吹き抜けのフロント

ミレニアムヒルトンのフロント

吹き抜けが美しいミレニアムヒルトンのフロント

タイでは、贅沢な吹き抜けのある建物が珍しくないのですが、このミレニアムヒルトンのフロントの吹き抜けは美しいですね。ブログには縦長の写真をあまり貼りたくないのですが、この雰囲気を伝えるには縦長じゃないとダメですね。

ヒルトンオナーズ(会員)専用スペース

ヒルトンオナーズ専用受付

ヒルトンオナーズ専用受付

ヒルトンの会員システムであるヒルトンオナーズに登録していると、こちらの専用受付でチェックインの対応をしてくれます。メインのカウンターも決して混みあっていませんでしたが、オナーズ専用受付ではソファに座ってチェックイン作業を待つことができます。

ミレニアムヒルトンの道路側(周辺環境)

専用ボートでのアクセスがおすすめですが、もちろんミレニアムヒルトンまでは道路側からもアクセスが可能です。

ミレニアムヒルトンの前の道路

ミレニアムヒルトン前の道路

ミレニアムヒルトン前の道路

ミレニアムヒルトンが建っているのは、バンコクのトンブリと呼ばれている下町です。川沿いには高級ホテルが建ち並んでいますが、目の前の道路は下町情緒が溢れる場所です。決して治安の悪い場所でもありませんが、特に見どころもないエリアです。

道路側から見たミレニアムヒルトン

道路側から見たミレニアムヒルトン

道路側から見たミレニアムヒルトン

道路から川までは少し距離がありますので、川沿いに建つホテル建物が遠くに見えます。道路とホテルの間には、特に見どころのないショッピングモールがあり、2階にはイベントスペースのある建物があります。

タクシーの到着するロータリー

ミレニアムヒルトンのロータリー

ミレニアムヒルトンのロータリー

タクシーなどの車両でミレニアムヒルトンに到着した場合、こちらのロータリーに車がつけられます。真ん中に大きな噴水がある広々としたロータリーです。

チェックインを済ませ部屋へ

ということで、道路側の外まで出てみましたが、改めてミレニアムヒルトンのエントランスホールに戻ってきました。

ミレニアムヒルトンのエントランスホール

ミレニアムヒルトンのエントランスホール

ミレニアムヒルトンのエントランスホール

あまり利用することはありませんでしたが、ミレニアムヒルトンのエントランスホールには多くのソファがあり、ゆったりと落ち着くことができる空間です。読書をしている人や、仲間を待っている人など、時間帯によっては多くの人で賑わっていました。

客室フロアに上がる

客室フロアのエレベータホール

客室フロアのエレベータホール

あくまでヒルトンなので決して内装が豪華でもありませんが、落ち着いた雰囲気のエレベーターホールです。宿泊客が使用するエレベーターは4機で、時間帯によっては少し待ち時間が長いこともありましたが、基本的にはほぼ待つことなく利用できました。

コメント