スポンサーリンク

【統計】外国人旅行者の観光収入が多い国ランキングTOP10

旅行者 アメリカ
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

外国人旅行者がその国を訪れて国内で使ったお金のことを国際観光収入と呼びます。数年前から日本でもインバウンドという言葉が使われるようになっていますが、これはまさにインバウンドによる国際観光収入の獲得のための政策です。

ということで、国際観光収入のランキングTOP10をご紹介します。

国際観光収入の統計について

観光収入に含まれるのは、ホテルなどの宿泊費、レストランなどでの食費、そして様々なお土産物などの購入費、そして施設の入場料などです。ただし、その国まで行く渡航費(航空機の運賃など)は含まれません。

観光収入の多い国ランキングTOP10

資料:GLOBAL NOTE 出典:UNWTO(2017年)

第10位:日本

さて第10位は、インバウンド政策で頑張っている日本がランクインです。国際観光収入は340億6500万ドルです。この観光収入には、中国人観光客による”爆買い”も含まれていますので、中国政府による規制強化によって日本の観光収入が下がるかもしれません。

日本
「日本」の記事一覧です。

第9位:マカオ

国連による調査ですが、マカオが中国本土とは分けて集計されています。第9位のマカオの国際観光収入は357億2600万ドルでした。マカオは決して広いエリアではありませんので、おそらくカジノの売り上げが強く影響しているものと思われます。日本がカジノ地域を設置しようとしている理由が分かりますね。

マカオ
「マカオ」の記事一覧です。

第8位:ドイツ

第8位はドイツで、国際観光収入は399億5300万ドルです。この後にもEU諸国が数多く登場するのですが、国境の出入りが曖昧なEUにおいては観光収入をどのように集計しているのでしょうか。ドイツのようにヨーロッパの中央に位置して、陸続きで観光客を集めている国と比較しても大差がない日本って意外と凄いですね。

ドイツ
「ドイツ」の記事一覧です。

第7位:オーストラリア

これは意外でしたが、第7位は南半球からオーストラリアです。国際観光収入は417億5400万ドルです。このランキングでは物価の高い国が上位に入る傾向にありますが、オーストラリアを訪れた外国人観光客はどのようなモノやコトに対して、お金を支払っているのでしょうか。

オーストラリア
「オーストラリア」の記事一覧です。

第6位:イタリア

第6位はイタリアです。世界的に有名な観光地を数多く抱えている国で、ヨーロッパの富豪たちの避暑地としても活用されているイタリアですから、観光収入が高いのも納得です。国際観光収入は445億4800万ドルです。

イタリア
「イタリア」の記事一覧です。

第5位:イギリス

まさに離脱するかどうかの騒動の最中ですが、EU諸国から3か国目のランクインです。第5位のイギリスの国際観光収入は514億7400万ドルです。ドルベースなので直感的に分かりづらいですが、観光収入が5兆円を超えているんですから凄いですね。

イギリス
「イギリス」の記事一覧です。

第4位:タイ

そして、さらに凄いと思ったのがタイです。物価が安いことで人気のタイが、国際観光収入で世界第4位に入っているのは驚きです。国際観光収入は574億7700万ドルです。首都バンコクだけでなく、パタヤやプーケットなどのビーチリゾートや、アユタヤという世界遺産もあり、多くのリピーターを抱えているのも強みですね。

タイ
「タイ」の記事一覧です。

第3位:フランス

いよいよ第3位です。EU諸国から4か国目のランクインはフランスです。国際観光収入は610億2000万ドルで、世界中から訪れた外国人観光客たちが多額のお金を落としています。首都であるパリそのものが観光地として有名であり、さらに広い国土のあちこちに観光のみどころがありますので、やはりリピーターが多そうな国です。

フランス
「フランス」の記事一覧です。

第2位:スペイン

そんなフランスを押さえて第2位はスペインです。国際観光収入は684億3700万ドルで、フランスと競い合っているようです。結局、EU諸国からは5カ国もの国がランクインしており、ヨーロッパの観光地としての人気の高さがうかがえます。加盟国全体で90日ルールを定めているシェンゲン協定があるため、ヨーロッパ内での観光客の奪い合いがありそうです。

スペイン
「スペイン」の記事一覧です。
シェンゲン協定とは?加盟国26カ国には最長90日ルール
ヨーロッパの26カ国が加盟するシェンゲン協定は、国境でのパスポートのチェックをしないという出入国に関する取り決めです。ひとつの国として扱われるためにシェンゲン協定の加盟国内を移動するのは便利ですが、180日間で90日というルールもあります。

第1位:アメリカ

そして第1位はアメリカです。国際観光収入は2107億4800万ドルで、圧倒的な強さです。ヨーロッパ諸国からは東海岸、アジアからは西海岸へのアクセスが良く、さらに内陸部にも数多く国立公園があるなど、国全体が観光地のような国です。そしてラスベガスやアトランタのカジノ産業も、観光収入に大きく寄与しているはずです。

アメリカ
「アメリカ」の記事一覧です。

外国人観光客による国際観光収入のまとめ

全体で見ると、やはりEU諸国の強さが目立っていました。陸続きで動き回れるヨーロッパですから、国際観光収入が得やすい環境にあるようです。

そして、それにしてもアメリカは強いですね。

ちなみにアメリカは、殺人件数が多い国のランキングでもTOP10入りしています。

【統計】殺人が多い国ランキングTOP10
1年間に発生した殺人事件の件数のランキングです。最も殺人件数が多いのは南米ブラジルで、メキシコやベネズエラ、コロンビアも上位10カ国に入っています。しかし、アジアからも2か国、ヨーロッパも1か国と、世界の各地では毎日必ず殺人事件が発生しているのです。

コメント