スポンサーリンク

ロシア4都市を比較!はじめてのロシアで行くべき都市は?

はじめてのロシア旅行 ロシア
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

2019年3月、シベリア鉄道で移動しながらロシア4都市を巡りました。イルクーツク、ノヴォシビルスク、モスクワ、サンクトペテルブルグで、残念ながらウラジオストクが漏れていますが、これら4都市について観光のおすすめポイントをご紹介します。

そもそもシベリア鉄道ってどうなの?というのも、最後に書きます。

イルクーツクの観光スタイル

イルクーツクの中心部

シベリアの田舎町イルクーツクは本当にのどかな町で物価も安く、はじめてのロシア観光には最適な町です。また、クルマで1時間ほど走るとバイカル湖畔の町リストヴィヤンカがあり、イルクーツクとセットで楽しめます。

私は長らくタイのバンコクを拠点としていますが、驚くことにイルクーツクとバンコクの物価はほぼ同じです。ヨーロッパのような街並みなのに、物価は東南アジアのタイと同じなんです。カフェに入れば60ルーブルでホットコーヒーが飲め、地元料理を楽しもうとレストランに入れば200ルーブル、高級なレストランでも500ルーブル程度です。

また、3月リストヴィヤンカでは、湖面が完全に凍ったバイカル湖の上を歩きました。徒歩だけではなく、クルマやバイクなどあらゆるものが湖面を走ります。大聖堂や銅像などの観光スポットではイルクーツクの街歩きが良いですが、湖面を歩くという体験ではリストヴィヤンカも良かったです。

ノヴォシビルスクの観光スタイル

ノヴォシビルスクの街は、イルクーツクと比べ物にならない程に大きいです。ロシアで3番目に大きくて「シベリアの首都」と呼ばれる都市で、地下鉄も走っています。シベリアは広大ですが地下鉄が走っている都市はノヴォシビルスクだけです。

ノヴォシビルスクの市内には、動物園や博物館などの大型の観光スポットがあります。シベリア特有の様々な生き物や歴史などを学ぶ機会として、このような施設を訪れるのも楽しいです。また、ノヴォシビルスクの郊外には、シベリア鉄道で活躍した歴史的な車両の実物が展示されている場所もあります。

ただ、正直なところ、イルクーツクほど地元料理や自然を楽しむことが出来ず、モスクワほど都会ではなく移動も不便なので、ノヴォシビルスクだけを訪れてロシアを好きになるかと言ったら微妙です。シベリア鉄道でロシアを横断するなら途中下車すべき都市だとは思いますが。

サンクトペテルブルグの観光スポット

エルミタージュ美術館のレオナルドダヴィンチ

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグは、街のあちこちに煌びやかな大聖堂があり、さらに大聖堂に負けないくらいの美しい建物で埋め尽くされた街です。ただ街を歩いているだけでも十分に満足できるのですが、やはりサンクトペテルブルグと言えばエルミタージュです。

レオナルドダヴィンチの絵画2点を含む300万点もの美術品の数々が並ぶエルミタージュ美術館は、おそらく1週間ずっと通い続けても飽きないです。いや逆に言うと、1日だけでは十分に全ての美術品を堪能することは不可能です。美術品だけではなく、美術館そのものが芸術的で、芸術のなかに芸術が並ぶという芸術まみれの空間です。エルミタージュ美術館だけのためにサンクトペテルブルグを何度も訪れたいです。

ただし、サンクトペテルブルグの物価はモスクワと同じく高いです。スタローバヤ(大衆向け食堂)を利用しても、イルクーツクの5倍ほどの価格になります。食費などの予算を計算する場合には、日本で外食するのと同じ程度の金額を想定しておくのが良いです。

モスクワの観光ポイント

モスクワの赤の広場

ロシアの首都モスクワです。モスクワに関しては、本当に観光スポットだらけでどこから手を付ければ良いのかと悩みます。まずは赤の広場に行って、クレムリンを見学して、聖ワシリイ大聖堂も見て、グム百貨店に行って、ボリショイ劇場でバレエも見たいし、地下鉄の駅を巡って、博物館も押さえて、とにかく見どころだらけです。

まぁ首都ですからね、東京を観光するのと同じです。何かしらのテーマを決めて、自分なりに興味のあるスポットのみを選びながら観光することをおすすめします。観光スポットが多いと言っても、ただ観光スポットを巡るだけではなく、街歩きをしながら人々の暮らしぶりを垣間見ることも忘れないようにしたいところです。

あと、地下鉄に関しては単なる移動手段ではなく、美しい駅構内のデザインを見る美術館のような感覚でおすすめです。地元ツアーでは、ただ地下鉄の駅を巡りながらデザインの解説などを行うものがあるほどです。モスクワの地下鉄はどれだけ乗っても定額制の55ルーブルですので、時間が許すかぎり多くの駅で下車して美しい駅を見ていただきたいです。

シベリア鉄道について

シベリア鉄道の旅

最後に、シベリア鉄道でのロシア横断旅行について書きます。

ここまでご紹介したように、シベリア鉄道に乗ってイルクーツク、ノヴォシビルスク、モスクワ、サンクトペテルブルグという4つの都市を巡りました。おそらくシベリア鉄道でなければノヴォシビルスクには立ち寄ってないです。また、イルクーツクとモスクワは5000キロ以上も離れていますから、1回の旅行で訪れることはなかったでしょう。

ですから、時間に余裕がある方には是非、シベリア鉄道でロシアを横断していただきたいです。さらに言うと、イルクーツクからではなくウラジオストックから横断してみると、さらに満足度が上がると思います。(なんとなく完全に横断したとは胸を張って言えないので。)

ただし、お金の面で言うと、確実に飛行機を使った方がリーズナブルです。設備が古くて騒々しい3等車ばかりに乗車したとしても、LCCなどの飛行機を利用した方が安いです。さらに時間に関しても数日と数時間という圧倒的な差が生まれます。同じ時間を使うのであれば、車内での移動時間よりも、各都市の観光に充てた方が賢明な気がします。

なので、まぁ、時間が有り余っていて、お金にも何となく余裕がある人に対してはシベリア鉄道がおすすめですが、それ以外の方についてはシベリア鉄道じゃなくても良いのではないかと思います。