スポンサーリンク

キリル文字の看板シリーズ vol.1 Банк

キリル文字の看板「バンク(銀行)」 ロシア
テキスト本文朗読 by Amazon Polly

モスクワの街を歩きながら発見したキリル文字の看板をテキトーに紹介する「キリル文字の看板シリーズ」の第一回は、Банкです。

Банк を解体してみる

Б は、英語の「B」に相当します。小文字だと「б」で、数字の「6」と限りなく同じです。

аは、そのまま英語の「a」です。

нは、間違いやつです。英語の「n」です。大文字は「Н」、小文字は「н」です。

к は、そのまま英語の「k」です。大文字は「К」、小文字は「к」です。

ってことで、厄介なのは「н」だけです。ただ、本当に「н」が読めないと全く何のことやら分からないから困りますね。そして、英語圏に行ったときには「H」を「n」で読んじゃって、さらに困ります。

ということで、Банкは・・・

Банкは、英語のアルファベットに変換すると「Bank」ですので「銀行」という意味です。

旅行などでロシアに出掛けた際には、ルーブルを引き出すために銀行に立ち寄ることも多いかと思います。モスクワではクレジットカード払い(VISA、マスターなど)が一般的ですので、実際には現金が無くても問題ありませんが、一文無しでは不安なものです。

おすすめは、Сбербанк

ロシア貯蓄銀行スベルバンク

日本からの旅行者の皆さんが安心して使える銀行としておすすめなのが、ロシア貯蓄銀行(スベルバンク)です。キリル文字では「Сбербанк」です。イメージカラーは緑で、銀行の支店が数多くあるほか、スーパーマーケットの出入り口にATMが設置されていることが多いです。ATMは英語対応です。

そうそう、銀行名を表記する場合には「банк」という風に「Б」が小文字になっていることも多々ありますので、ご注意ください。

以上、第一回「キリル文字の看板シリーズ」でした。